TOP 開催者向け情報 ウェビナー開催用WEBカメラのおすすめ4選

ウェビナー開催用WEBカメラのおすすめ4選

ウェビナーを開催する場合、登壇者の顔を映した方が良いのでしょうかというご相談を頂くことがあります。ウェビナーの場合は画面共有で資料等を映すことが出来るため、顔を映さなくても内容には問題ありません。
しかし、登壇者の顔が見えるという事で、参加者に安心感や親近感を持っていただくことが可能ですので、できれば顔を出してのウェビナーがオススメです。

そこで、今回はウェビナーに登壇する皆様の素敵な表情を伝えるための「WEBカメラ」についてご紹介いたします。
WEBカメラとはいったい何かというところから、オススメのWEBカメラまでたっぷりご紹介いたしますのでぜひ最後までご覧ください。また、音声を聞き取りやすくするヘッドセットについても「ウェビナー開催用ヘッドセットおすすめ3選」で紹介しておりますので、ぜひこちらも併せてご覧ください。

WEBカメラとは?

WEBカメラは、PC等に接続してリアルタイムで映像を配信できるカメラのことを指します。
USBケーブルでの接続はもちろん、Wi-Fi・Bluetoothなどのワイヤレス接続に対応しているモデルも多く、内蔵カメラの無いPCでも簡単に接続が可能です。

ビデオカメラ等と比べて安価で設定も簡単なので、テレワークや遠隔でのビデオ会議が普及した現在、急速に需要が高まっています。

\こちらもおすすめ/

WEBカメラの選び方

おすすめのWEBカメラの前に、WEBカメラの選び方の基準をご紹介させていただきます。WEBカメラを選ぶ時の基準となるのが、下記の3点です。

  • 画質:表情などが鮮明に映るか
  • 音質:声が聞き取りやすいか
  • 使いやすさ:機能が充実しているか

それぞれどのような点に注意すべきか、詳しく見ていきましょう。

01.画質:表情などが鮮明に映るか

まずは、カメラを選ぶうえで一番重要な画質です。映像がきれいに映るかという部分と、動きを滑らかに見せる事ができるかという部分の2点に注目して比較していきましょう。

映像がきれいに映るかどうかは「画素数」で判断が可能です。
一眼レフや最新のデジタルカメラ等ですと、2,000万画素以上のものがほとんどですが、セミナーの場合はそこまでの高画質は必要ありません。手元の資料やホワイトボード等を画面上で見せる場合でも、200万画素以上のカメラであれば問題なく識別可能と言われています。
ただし、メイク等のビューティー関連のセミナーや、鮮明な映像や細かい作業の配信が必要であれば、WEBカメラではなく配信用のビデオカメラやリアルタイム配信対応のデジタルカメラの導入もご検討ください。

映像が滑らかに表現できるかどうかは、「fps」という、1秒間に静止画何枚分の情報が入っているかという数値が影響します。

数値が高くなればなるほど滑らかな動きを再現することが可能ですが、データが重くなってしまいスムーズな配信の妨げになる可能性もあります。
一般的なテレビ放送が30fpsなので、ウェビナーで利用するのであれば30fps~で充分だと思います。

02.音質:声が聞き取りやすい

続いて、ウェビナーでは音声がクリアに聞こえるかというのがとても大切です。多くのノートパソコンにはマイクが内蔵されています。しかし、デスクトップパソコンの場合や一部のノートパソコンにはマイクが付いていない場合もあります。
また、マイクは内蔵されているが内蔵マイクだと音質が悪い、複数人で講演を行うので声を拾いきれないという場合もあるかと思います。

この様な場合、音声収録用のマイクを導入する手もありますが、最近では優れた品質のマイクがWEBカメラに内蔵されている場合もあります。

内蔵マイクがない、品質が悪いという方は、高品質なマイクが内蔵されたWEBカメラを探してみましょう。

03.使いやすさ:機能が充実しているか

最後に、カメラ本体の操作や、PCとの接続方法が自分に適しているかもしっかりとチェックしておきましょう。

まず接続方法に関して、使用予定のPCに対応しているかを必ず確認する必要があります。
現在、WEBカメラの接続方法の主流はUSB端子ですが、USB Type-CやBluetooth・Wi-Fiなどワイヤレス接続のものまで幅広く流通し始めています。

Bluetoothの機能を搭載していないPCや、最近ではUSBスロットのないノートパソコンもありますので注意したい部分です。

おすすめのWEBカメラ4選

WEBカメラの選び方の基準が分かったところで、さっそくオススメのWEBカメラをご紹介いたします。私が厳選した4点をご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

01.【BUFFALO】BSW505MBK


自然で温かみのある映像と、クリーンな音質が評判のWEBカメラ。こちらの商品の最大のおすすめポイントは、レンズカバーが付属している点です。
レンズカバーはレンズ表面の保護はもちろんの事、誤配信やミーティングルームの退出忘れ等の際のプライバシー保護にも役立ちます。

画素数 fps 内蔵マイク 接続方法
200万画素 630fps
※フレームレートは解像度とお使いの環境によって異なります。
あり USB 2.0 Type-A

02.【Logicool】StreamCam C980R


ロジクール Webカメラ C980GR フルHD 1080P 60FPS ストリーミング ウェブカム AI オートフォーカス 自動露出補正 自動ブレ補正 StreamCam グラファイト USB-C接続 ウェブカメラ 国内正規品 2年間メーカー保証

フルHD仕様で、顔の表情を鮮明に映すことが可能です。Amazonでも★4.4(2022/2/27現在)と、大変評価の高い商品です。
スマートフォンの高品質なカメラのように、オートフォーカス機能(被写体に自動でピントを合わせてくれる機能)が搭載されており、動きのある被写体も鮮明に配信する事が可能です。なので、ヨガやスポーツ等、配信者が実際に身体を動かす内容のウェビナーにもオススメです。

画素数 fps 内蔵マイク 接続方法
フルHD(約200万画素) 60fps あり USB 3.1 Type-C

03.【eMeet】eMeet NOVA


360度全方向の集音マイクを搭載しており、クリアな音声を配信できます。複数人で講演を行う場合や、音楽系のウェビナーを開催される場合など、音質重視の方におすすめのWEBカメラです。
カメラの角度調整も可能で、使い勝手の良い商品です。

画素数 fps 内蔵マイク 接続方法
200万画素 30fps あり USB

04.【エレコム】UCAM-C750FBBK


コンパクトでありながら、フルHD仕様で高画質なところがこちらのWEBカメラのおすすめポイントです。
重量は、今回ご紹介させて頂いた各商品と比較しても半分以下の約68gなので、持ち運びにも非常におすすめな商品です。

画素数 fps 内蔵マイク 接続方法
約500万画素 15fps / 30fps あり USB2.0

【番外編】おすすめの撮影用ライト

最後に、クランプ式のスプリングアームでデスクに取り付けが可能なLEDリングライトをご紹介いたします。YouTuberなども愛用しているこちらのライトは、顔のしわやくすみを飛ばして表情を明るく見せてくれる効果があります。

社内や自宅からのウェビナー開催で、撮影に適した明るい場所の用意が難しい場合は、カメラと合わせてこの様な照明器具をご利用いただくことがオススメです。さらにこだわった環境でウェビナーを開催してい方には、レンタルスタジオの使用もおすすめです。詳しくは、レンタルスタジオについての記事をお読みください。

今回はWebカメラのお勧め商品4選を紹介させて頂きました。

人の印象は、出会って数秒で決まるとも言われています。良い第一印象を持っていただき、親近感を抱いてもらうためにも、カメラや照明にこだわってみてはいかがでしょうか。
素敵な表情をより活かせるカメラ選びのお手伝いにこちらの記事が参考になれば嬉しいです。

▼オススメのヘッドセット紹介はこちら▼

わしづかみウェビナーでは、ウェビナー開催をご検討されている方のご相談を随時承っております。開催方法や使用ツール、そしてネットでのウェビナー集客にいたるまで、サポートさせていただきます。
ウェビナー開催に関するお問い合わせ・ご相談

また、ウェビナーへの参加をご希望の方、まずはウェビナーに参加してどんなものなのか見てみたいという方は、ウェビナー開催情報も随時更新中でございます。

ウェビナー開催に関するお問い合わせ・ご相談

セミナー開催に役立つ情報発信中!「わしづかみウェビナー」

ウェビナーに参加したい方
開催希望の方もサポートします

「わしづかみウェビナー」は、ウェビナーに参加してみたい方・ウェビナーを開催したい方の両方をサポートします!毎日のウェビナー開催情報はもちろん、参加者・開催者どちらにも役立つコンテンツをご用意しています。オンラインでのセミナー開催が初めての方でも、まずはお気軽にお問い合わせください。経験豊富なスタッフが開催方法からネット上での集客まで支援させていただきます。

現代ではなぜウェビナー集客が重要視されるのか

ウェビナーは現在急速に普及し、様々な大企業がマーケティングにウェビナーを活用しています。ではなぜこれほどまでに「集客ツール」としてウェビナーが注目されているのでしょうか。 まず1つ目に、ウェビナーに参加する顧客は、ウェビナーの題材に沿った「悩み」をすでに抱えている可能性が高いからです。ウェビナーに参加することで、ビジネスであったり、個々の生活における悩みを解決する方法を手に入れることを期待しています。つまり、悩みを解決するたねびツールであったりサービスへの興味関心が高く、購入・契約につながりやすい顧客が集まりやすいといえます。こうして、上質なリードを獲得できることが、企業がこぞってウェビナーを開催する理由の一つです。 次に、ウェビナーは1人の講師が多数の顧客に一度にアピールすることができます。しかも、通常のリアルセミナーの場合は会場に収容できる人数に限りがありますが、ウェビナーでは(ツールによって差はあるものの)人数の上限がほとんどありません。働き方の改革が求められる中で、効率よく営業をかけられるとい鵜部分が大きく注目されています。 そして最後に、ウェビナーはSNSでの拡散との相性が非常に良いことも特徴です。ウェビナーの参加者は、情報収集だけでなく情報発信にも関心が強い場合が多いので、素晴らしいウェビナーを視聴した後は、感想や意見をSNSでフォロワーに共有する可能性があります。そうすると、企業側が集客をせずとも、ウェビナーの参加者が発信媒体となり、新たな顧客を呼び込んでくれる可能性があるのです。

ウェビナー開催に関するお問い合わせ・ご相談
わしづかみウェビナー メールマガジン登録はこちら

こんな記事もおすすめ

  1. 参加したいウェビナーがきっと見つかる!ウェビナーの探し方5選

  2. 【100以上の現地日本語学校と提携】ネパールと日本をつなぐ「絆PLUS」の採用事業

  3. 【リアル×オンライン】ハイブリッド開催ってなに?【言葉の意味から開催時の注意点まで!】

  4. 【ウェビナーで学ぶ!】忙しい大人のための学習方法

  5. セミナーとウェビナーの違いとは?

  6. 【就活もウェビナー形式!】オンライン会社説明会で気を付けるポイントは?【2022年度最新】

公式Twitter

  1. 【無料素材あり】バーチャル背景を使用してどこでもウェビナー開催…

  2. 【無料ツールCanvaで作成】ウェビナー告知画像を自作するには?【ノ…

  3. 英語のウェビナーに参加するには?自動翻訳ツールでウェビナーの幅…

  4. 【テンプレあり】ウェビナーのお礼メールで目標達成率UP!

  5. 【質疑応答を成功させる】ウェビナーでリアクションをもらうために

ウェビナー開催サポート

ウェビナー開催・集客のご相談はこちら

ウェビナーの開催準備から集客まで何でもご相談ください!

オンラインでのセミナー開催が初めての方でも、まずはお気軽にお問い合わせください。経験豊富なスタッフが開催方法からネット上での集客まで支援させていただきます。
ウェビナーだけでなく、様々なコンテンツ作成・掲載経験から、サービス紹介とウェビナー開催のセットでの訴求などもお気軽にお問い合わせください。