ウェビナー集客マスターへの道【成功するための6つのステップ】

近年、ウェビナー集客はビジネスや教育の分野で注目されており、多くの企業や専門家がその効果を活用しています。ウェビナーは、オンライン上でリアルタイムに行われるセミナーやプレゼンテーションの形式であり、参加者とのインタラクションを通じて情報を共有し、関係を築くための強力なツールです。

ウェビナー集客の重要性は、デジタル時代において参加者の関心を引きつける方法として特に際立っています。ウェビナーは、対話的な要素を備えており、参加者が質問やコメントを投稿し、講師との相互作用を通じてリアルタイムな学習や情報交換が可能です。そのため、参加者の関心を高め、参加率を向上させることができます。

ウェビナー集客のニーズはますます高まっており、多くの人々が新たな知識を得たり、スキルを向上させたり、ビジネスやキャリアの成長を促進したりするためにウェビナーに参加しています。さらに、オンラインでの活動が増える中で、ウェビナーは地理的な制約を超えた情報発信の手段としても重要な役割を果たしています。

この記事では、ウェビナー集客の基礎知識から具体的なステップまでを詳しく探っていきます。ウェビナー集客の意義やメリット、ウェビナーの選び方、さらには成功するための具体的な手法や注意点について解説します。あなたのビジネスやプロジェクトにおいて、ウェビナーを活用して集客力を最大限に引き出すための情報を提供します。

それでは、さっそくウェビナー集客の基礎知識から始めていきましょう。

INDEX

ウェビナー集客の基礎知識

ウェビナー集客のイメージ画像

ウェビナー集客の意義とメリット

ウェビナー集客は、ビジネスにおいて重要な役割を果たしています。以下に、ウェビナー集客の意義とメリットについて詳しく説明します。

高いリーチと参加者数 ウェビナーはオンライン上で実施されるため、地理的な制約を受けずに参加者を集めることができます。これにより、地域や時間に関係なく多くの参加者にリーチすることが可能となります。また、ウェビナーの参加者数も増加傾向にあり、大勢の人々に情報や価値を提供するチャンスがあります。
専門知識や情報の共有 ウェビナーは専門知識や情報を効果的に共有する手段です。専門家や業界リーダーがウェビナーを通じて知識や見識を提供し、参加者と共有します。これにより、参加者は最新のトレンドやベストプラクティスを学ぶことができます。
目標達成への効果的な手段 ウェビナーは目標達成に向けた効果的な手段となります。商品やサービスの紹介、新製品の発表、ビジネスの説明、教育・トレーニングなど、さまざまな目標を達成するために活用されます。ウェビナーを通じて参加者に情報や価値を提供し、その結果として目標の達成を支援することができます。
参加者との対話と関係構築 ウェビナーは参加者との対話を促す機会を提供します。参加者からの質問や意見に直接回答することで、参加者との関係を構築し、信頼関係を築くことができます。参加者が積極的に参加し、ウェビナーに対して関心を持つような環境を作り出すことが重要です。
コスト効率の高さ ウェビナーは参加者との対話を促す機会を提供します。参加者からの質問や意見に直接回答することで、参加者との関係を構築し、信頼関係を築くことができます。参加者が積極的に参加し、ウェビナーに対して関心を持つような環境を作り出すことが重要です。
コスト効率の高さ ウェビナーはオンライン上で実施されるため、会場や交通費などの物理的な費用を削減することができます。また、一度のウェビナーの実施で多くの参加者にリーチできるため、コスト効率が高いと言えます。そのため、ウェビナーはマーケティング戦略の一環として重要な役割を果たしています。

ウェビナー集客の意義とメリットは、ビジネスにおいて広範囲な利点をもたらすものです。ウェビナーを活用することで、効果的な情報共有や参加者との関係構築、目標達成への支援などが可能となります。

ウェビナーの種類と選び方

ウェビナーの種類

情報提供型ウェビナー 特定のトピックや業界の知識を共有するウェビナー。専門的な情報を提供し、参加者に役立つ知識を伝えます。
トレーニング型ウェビナー 特定のスキルやツールの使用方法を教えるウェビナー。実践的なトレーニングを提供し、参加者の能力向上をサポートします。
プロモーション型ウェビナー 商品やサービスの紹介やプロモーションを行うウェビナー。販促目的で、参加者に価値を提供しながら製品やサービスを宣伝します。

ウェビナーの選び方

ウェビナーを選ぶ際には以下のポイントに注意しましょう。

目的に合ったウェビナーかどうか ウェビナーの内容が自社の目的やニーズに適しているかを確認しましょう。
講師の信頼性と専門知識 ウェビナーの講師が信頼性のある専門家であり、参加者に価値のある情報を提供できるかを確認しましょう。
参加者のフィードバックや評価 過去の参加者のフィードバックや評価をチェックし、ウェビナーの品質や価値を把握しましょう。

ウェビナーの役割を理解する

ウェビナーは様々な役割を果たします。以下に代表的な役割を示します。

リードジェネレーション ウェビナーはリードを獲得するための効果的な手段です。ウェビナーに参加した人々は関心を持っており、その情報を活用してリードを獲得できます。
ブランドの構築 ウェビナーを通じて、自社の専門知識やブランド価値を強調し、業界での信頼性や知名度を高めることができます。
顧客教育と関係構築 ウェビナーは顧客に対して教育的な役割を果たすことができます。製品やサービスの使用方法や最新のトレンドについての情報を提供し、顧客との関係を構築・強化することができます。

以上が、ウェビナー集客の基礎知識に関する内容です。次のセクションでは、ウェビナー集客の具体的なステップについて詳しく掘り下げます。

ウェビナー集客の6つのステップ

ステップ1: ターゲットオーディエンスの特定とニーズの把握

ターゲットマーケティングのイメージ画像

ウェビナー集客の成功には、ターゲットオーディエンスを正確に特定し、そのニーズを理解することが不可欠です。このステップでは、ターゲットオーディエンスの定義と重要性、そしてニーズを把握するための調査と分析の方法について詳しく見ていきましょう。

ターゲットオーディエンスの定義と重要性

ターゲットオーディエンスとは、ウェビナーの対象となる特定の人々のグループを指します。ターゲットオーディエンスを正確に定義することで、ウェビナーの内容やプロモーションの効果を最大化することができます。

デモグラフィック情報 ターゲットオーディエンスの年齢、性別、地理的な場所、職業などのデモグラフィック情報を把握しましょう。これにより、より具体的なターゲットを設定することができます。
興味関心やニーズ ターゲットオーディエンスの興味関心やニーズを理解することも重要です。彼らがどのような情報やスキルに関心を持ち、何を求めているのかを把握しましょう。
購買パターンや行動 ターゲットオーディエンスの購買パターンや行動を分析することも有益です。彼らがどのようなウェビナーに参加し、どのような行動を取りやすいのかを把握し、戦略に反映させましょう。

ニーズを理解するための調査と分析の方法

アンケート調査 オンラインアンケートを活用して、参加者の意見やニーズを収集しましょう。具体的な質問やフィードバックを通じて、参加者の要望や課題を把握することができます。
ソーシャルメディアの分析 ソーシャルメディアのデータやインサイトを分析して、参加者の興味関心やトレンドを把握しましょう。ハッシュタグやコメントなどを通じて、参加者の声をリアルタイムに把握することができます。
競合他社の調査 同じようなターゲットオーディエンスを持つ競合他社のウェビナーを調査しましょう。彼らがどのようなウェビナーを開催し、参加者のニーズにどのように応えているのかを分析しましょう。

Google Trendsやキーワードリサーチツールの活用: キーワードリサーチツールやGoogle Trendsを利用して、参加者の検索傾向や関心事を把握しましょう。これにより、参加者のニーズに基づいたキーワードやトピックを選定することができます。

このステップでは、正確なターゲットオーディエンスの特定とニーズの把握を行いましょう。ターゲットオーディエンスの理解は、ウェビナーの内容やプロモーションのカスタマイズに大きく貢献します。次のステップでは、キーワードリサーチとSEO最適化について探っていきます。

ステップ2: キーワードリサーチとSEO最適化

ウェビナー集客の成功には、適切なキーワードの選定とSEO(検索エンジン最適化)の実施が重要です。このステップでは、ニーズに基づいたキーワードの選定と競争分析、そしてSEO最適化のためのコンテンツ作成と技術的要素について詳しく見ていきましょう。

ニーズに基づいたキーワードの選定と競争分析

キーワードの選定 ターゲットオーディエンスのニーズと関心に合致するキーワードを選定しましょう。キーワードリサーチツールやGoogle Trendsを活用して、検索ボリュームや競争度合いを分析し、適切なキーワードを見つけ出します。
競争分析 選定したキーワードに関連する競合他社のウェビナーやコンテンツを調査しましょう。彼らのSEO戦略やランキングを分析し、参考にすることで、より効果的なSEO戦略を立てることができます。

SEO最適化のためのコンテンツ作成と技術的要素

コンテンツ作成 ウェビナーのコンテンツを作成する際には、選定したキーワードを意識して組み込みましょう。タイトル、サマリー、スライド、スクリプトなどにキーワードを適切に配置し、参加者の検索意図に応える価値あるコンテンツを提供しましょう。
メタデータの最適化 ウェビナープラットフォームやブログ記事など、ウェビナーを公開する際には、メタデータ(タイトルタグ、メタデスクリプション)を最適化しましょう。キーワードを適切に使用し、参加者が検索結果でクリックする意欲を高めるメタデータを作成します。
ウェビナープラットフォームの最適化 ウェビナーを配信するプラットフォームによっては、SEO最適化のためのオプションや機能が提供されています。タグの使用、カテゴリーの選択、参加者へのリマーケティングなど、プラットフォームの機能を活用してSEO効果を高めましょう。
リンク戦略 ウェビナーのコンテンツやブログ記事などには、関連するリンクを追加しましょう。他の信頼性の高いウェブサイトやブログからのリンクも重要です。リンクはSEOの信頼性と権威性に影響を与える要素です。

キーワードリサーチとSEO最適化は、ウェビナーの集客力を最大限に引き出すために欠かせない要素です。適切なキーワード選定と競争分析、そしてコンテンツ作成と技術的な要素の最適化を通じて、ウェビナーの可視性と検索エンジンランキングを向上させましょう。次のステップでは、魅力的なコンテンツの作成について探っていきます。

ステップ3: 魅力的なコンテンツの作成

ウェビナーのテーマと内容の選定

ウェビナーの成功には、魅力的で参加者の関心を引きつけるコンテンツの作成が重要です。このステップでは、ウェビナーのテーマと内容の選定について考えてみましょう。

ターゲットオーディエンスのニーズと関心 ターゲットオーディエンスのニーズや関心事を踏まえて、ウェビナーのテーマを選びましょう。彼らが解決したい課題や学びたいスキルに焦点を当てることが重要です。
トレンドや最新の情報 ウェビナーの内容には、業界のトレンドや最新の情報を取り入れることが効果的です。参加者にとって有益で新鮮な情報を提供することで、関心を引き付けることができます。
実践的なアクションプラン 参加者がウェビナーから具体的なアクションプランを作成できるような内容を提供しましょう。実践的な手法やベストプラクティスを共有することで、参加者の学びを実践に結び付けることができます。

引き込むタイトルとサマリーの作成テクニック

タイトルの魅力化 タイトルは参加者の注意を引くために非常に重要です。具体的かつ魅力的なタイトルを作成しましょう。参加者のニーズや関心事に対して直接アピールするキーワードを使用し、興味を引く言葉や数字を組み合わせることで効果的なタイトルを作成します。
引き込むサマリーの作成 サマリーはウェビナーの概要を短くまとめたものです。参加者がウェビナーの価値や内容を理解できるように、興味を引く要点やハイライトを強調しましょう。具体的なメリットや学びが得られることを示し、参加者の興味を引き付けるように工夫しましょう。

ステップ4: プロモーションと広告戦略

ソーシャルメディアを活用したウェビナーの宣伝と共有

ソーシャルメディアプラットフォームの活用 ウェビナーの宣伝と共有には、ソーシャルメディアプラットフォームを活用しましょう。ターゲットオーディエンスが多く集まるプラットフォームを選び、ウェビナーの魅力や参加メリットを伝えるコンテンツを投稿しましょう。
ハッシュタグの活用 関連するハッシュタグを使用してウェビナーを宣伝しましょう。ハッシュタグを追加することで、関心を持つ人々がウェビナーを見つけやすくなります。

広告キャンペーンの設定と効果的な運用

WEB広告のイメージ画像

オンライン広告 Google広告やソーシャルメディア広告などのオンライン広告を活用しましょう。ターゲットオーディエンスを設定し、ウェビナーの魅力や参加メリットをアピールする広告キャンペーンを設定しましょう。
リマーケティング戦略 ウェビナーに関心を示したユーザーに対してリマーケティング広告を実施しましょう。彼らにウェビナーへの参加を促す広告を配信することで、参加率を向上させることができます。

ウェビナーの魅力的なコンテンツの作成とプロモーション戦略の実施は、参加者の関心を引きつけ、集客を成功させるために重要です。次のステップでは、ウェビナー参加者のエンゲージメントの促進について探っていきましょう。

ステップ5: 参加者のエンゲージメントの促進

参加者との対話を活性化させる方法

ウェビナーの成功には、参加者との対話やエンゲージメントを活性化させることが重要です。このステップでは、参加者との対話を促す方法とエンゲージメント手法について考えてみましょう。

ライブチャット機能の活用 ウェビナーツールのライブチャット機能を活用して、参加者とのリアルタイムな対話を実現しましょう。参加者からの質問やコメントに迅速に応答し、対話を活性化させることが重要です。
クイズや投票 ウェビナー中にクイズや投票を行うことで、参加者の関心を引きつけることができます。参加者にアクティブに参加してもらうためのインタラクティブな手法として有効です。
グループディスカッション 参加者を小グループに分けてディスカッションを行う場を設けることで、参加者同士の対話を活性化させることができます。ウェビナー中のブレイクアウトセッションやディスカッションフォーラムを活用しましょう。
ソーシャルメディアの活用 ウェビナーの参加者とソーシャルメディア上での対話を促進することも重要です。ハッシュタグを使用して参加者同士のつながりを生み出し、ウェビナーの情報共有や意見交換を活発化させましょう。

ステップ6: 成果の分析と改善

ウェビナーの成功を評価し、改善するためには成果の分析が不可欠です。このステップでは、ウェビナーの成果を評価するための指標と分析方法、そしてデータに基づいた改善策と戦略の最適化について考えてみましょう。

成果の評価指標 ウェビナーの成果を評価するためには、以下の指標を考慮しましょう。
参加者数や参加率 参加者のエンゲージメントレベル(チャットの活発さ、クイズへの参加率など)
コンバージョン率や収益への影響
データ分析と改善策の発見: ウェビナーのデータを分析し、成功要因や課題を特定しましょう。参加者アンケートやアンケートフォームを活用してフィードバックを収集し、データから改善策を見つけ出しましょう。
戦略の最適化 データに基づいた改善策を導入し、ウェビナーの戦略を最適化しましょう。参加者のフィードバックやデータ分析を活用して、コンテンツの改善やプロモーション戦略の見直しを行います。

ウェビナーの参加者のエンゲージメントを促進することで、参加者の満足度やウェビナーの成果を向上させることができます。また、データに基づいた分析と改善策の実施によって、次回のウェビナーの成功につなげることができます。次のセクションでは、ウェビナー集客における注意点と課題について探っていきましょう。

テクニカルな課題と対策

ウェビナーツールや配信プラットフォームの選定ポイント

ウェビナーの成功には、適切なウェビナーツールや配信プラットフォームの選定が重要です。以下に、ウェビナーツールや配信プラットフォームの選定ポイントをいくつかご紹介します。

機能と使いやすさ ウェビナーツールや配信プラットフォームの提供する機能がウェビナーの目的やニーズに適合しているかを確認しましょう。画面共有、チャット機能、投票機能など、必要な機能が備わっているかをチェックしましょう。また、使いやすさやインターフェースも重要な要素です。
パフォーマンスと信頼性 ウェビナーツールや配信プラットフォームのパフォーマンスと信頼性を確認しましょう。ウェビナーのスムーズな配信と安定性が求められます。他のユーザーのレビューや評価、過去の実績を参考にすることで、信頼性の高いツールを選ぶことができます。
対応する参加者数とスケーラビリティ ウェビナーツールや配信プラットフォームが対応できる参加者数やスケーラビリティを確認しましょう。参加者の数が増えた場合でも、円滑な配信が可能かどうかを把握することが重要です。
セキュリティとプライバシー ウェビナーツールや配信プラットフォームのセキュリティ対策やプライバシー保護の仕組みについて確認しましょう。参加者の個人情報や機密情報を適切に保護することが求められます。

技術的な問題への対処法とサポートの活用

ウェビナーの実施中に技術的な問題が発生することがあります。以下に、技術的な問題への対処法とサポートの活用方法をいくつかご紹介します。

事前のテストと準備 ウェビナーを実施する前に、ウェビナーツールや配信プラットフォームのテストを行いましょう。オーディオ、ビデオ、画面共有などの機能を確認し、問題がないかを確認しましょう。また、ウェビナーのスライドやコンテンツも事前に確認しておくことが重要です。
サポートチームへの連絡 ウェビナーツールや配信プラットフォームのサポートチームに問題を報告しましょう。問題が発生した際には、迅速かつ正確なサポートを提供してくれるチームを選ぶことが重要です。
バックアッププランの用意 ウェビナー中に予期せぬ問題が発生した場合に備えて、バックアッププランを用意しましょう。例えば、別の配信プラットフォームへの切り替えや録画したウェビナーの提供など、予備の手段を考えておくことが重要です。

ウェビナー集客の将来展望とトレンド

新たなウェビナー集客のトレンドと注目すべきポイント

ウェビナー集客においては、常に新たなトレンドや注目すべきポイントが存在します。以下に、新たなウェビナー集客のトレンドと注目すべきポイントをいくつかご紹介します。

ハイブリッドウェビナーとライブストリーミングの融合

ハイブリッドウェビナーとライブストリーミングの融合が注目されています。ハイブリッドウェビナーは、実際の会場で行われるウェビナーをオンラインでも同時に配信する形式です。参加者は自宅やオフィスからオンラインでウェビナーに参加できるため、場所や時間に制約されずに参加することができます。ライブストリーミング技術を活用することで、より多くの人々にウェビナーを届けることが可能となります。

インタラクティブな要素の追加と参加者エンゲージメントの向上

ウェビナーの将来展望では、さらにインタラクティブな要素の追加と参加者エンゲージメントの向上が重要視されています。参加者が受動的な視聴者ではなく、積極的にウェビナーに参加し、対話やディスカッションに参加できる環境を作ることが求められています。

具体的な手法としては、クイズや投票の他にも、参加者同士のグループディスカッションやブレイクアウトセッションを取り入れることが効果的です。さらに、ソーシャルメディアやチャットツールを活用して、参加者同士や講演者とのリアルタイムな対話や意見交換を促進することも重要です。

これらの新たなトレンドと注目すべきポイントを取り入れることで、ウェビナーの参加者エンゲージメントを向上させ、より価値のあるウェビナー体験を提供することができます。

次のセクションでは、ウェビナー集客のまとめと読者に具体的な行動を促すコールトゥアクションについて探っていきましょう。

AIやデータ分析の活用によるウェビナー集客の進化

AIのイメージ画像

AIを活用した参加者への個別化アプローチ

ウェビナー集客の進化において、AIの活用が注目されています。AIを利用することで、参加者に対してより個別化されたアプローチを提供することが可能です。具体的な方法としては以下のようなものがあります。

パーソナライズされたコンテンツ

AIは参加者のデータや行動履歴を分析し、個々の参加者の関心やニーズに合わせたパーソナライズされたコンテンツを提供します。参加者が関心を持つ可能性が高いトピックや情報を把握し、ウェビナー内容をカスタマイズすることができます。

チャットボットによる対応

AIを活用したチャットボットを導入することで、参加者からの質問や疑問に自動で回答することができます。チャットボットは24時間対応できるため、参加者への迅速なサポートを提供することができます。

データ分析による効果的な改善策の発見と最適化

ウェビナー集客の効果的な改善策を発見し、最適化するためにはデータ分析が重要です。データ分析によって以下のようなことが可能となります。

参加者行動の分析

ウェビナー中の参加者の行動データを分析し、参加者の関心度やエンゲージメントの度合いを把握することができます。参加者が最も関心を示したトピックやアクションを特定し、今後のウェビナーの改善に生かすことができます。

コンバージョン率の分析

ウェビナーに参加した参加者の中で、実際にコンバージョン(目標達成)した割合を分析することができます。特定のアクション(購入、登録など)に繋がる要素や課題を特定し、改善策を検討することができます。

フィードバックの分析

参加者アンケートやフィードバックを分析することで、参加者の意見や要望を把握し、ウェビナーの改善点を見つけることができます。参加者の声を活かし、より満足度の高いウェビナー体験を提供することができます。

データ分析によって得られた情報を基に、ウェビナーの改善や戦略の最適化を行いましょう。

まとめ

ウェビナー集客の重要性とまとめ

ウェビナー集客は、現代のビジネスにおいて重要な役割を果たしています。ウェビナーを通じてターゲットオーディエンスに価値を提供し、関心を引き、参加者のエンゲージメントを高めることが求められます。

本記事では、ウェビナー集客の基礎知識や6つのステップ、テクニカルな課題や将来展望などについて解説しました。

最後に、読者に具体的な行動を促すコールトゥアクションを設けましょう。具体的な行動としては、以下のようなものが考えられます。

ウェビナーの企画と実施 ウェビナーを実施してみましょう。ウェビナーのテーマやコンテンツを検討し、参加者の関心に合わせた内容を提供しましょう。
ツールとプラットフォームの選定 適切なウェビナーツールや配信プラットフォームを選定しましょう。機能や使いやすさ、パフォーマンスなどを考慮して選びましょう。
データ分析と改善 ウェビナーのデータ分析を実施し、効果的な改善策を見つけましょう。参加者の行動やフィードバックを分析し、次回のウェビナーの成功に生かしましょう。

ウェビナー集客は、効果的なマーケティング手法の一つです。本記事の情報を参考にしながら、ウェビナー集客の成功を目指しましょう。

セミナー開催に役立つ情報発信中!「わしづかみウェビナー」

ウェビナーに参加したい方
開催希望の方もサポートします

「わしづかみウェビナー」は、ウェビナーに参加してみたい方・ウェビナーを開催したい方の両方をサポートします!毎日のウェビナー開催情報はもちろん、参加者・開催者どちらにも役立つコンテンツをご用意しています。オンラインでのセミナー開催が初めての方でも、まずはお気軽にお問い合わせください。経験豊富なスタッフが開催方法からネット上での集客まで支援させていただきます。

現代ではなぜウェビナー集客が重要視されるのか

ウェビナーは現在急速に普及し、様々な大企業がマーケティングにウェビナーを活用しています。ではなぜこれほどまでに「集客ツール」としてウェビナーが注目されているのでしょうか。 まず1つ目に、ウェビナーに参加する顧客は、ウェビナーの題材に沿った「悩み」をすでに抱えている可能性が高いからです。ウェビナーに参加することで、ビジネスであったり、個々の生活における悩みを解決する方法を手に入れることを期待しています。つまり、悩みを解決するたねびツールであったりサービスへの興味関心が高く、購入・契約につながりやすい顧客が集まりやすいといえます。こうして、上質なリードを獲得できることが、企業がこぞってウェビナーを開催する理由の一つです。 次に、ウェビナーは1人の講師が多数の顧客に一度にアピールすることができます。しかも、通常のリアルセミナーの場合は会場に収容できる人数に限りがありますが、ウェビナーでは(ツールによって差はあるものの)人数の上限がほとんどありません。働き方の改革が求められる中で、効率よく営業をかけられるとい鵜部分が大きく注目されています。 そして最後に、ウェビナーはSNSでの拡散との相性が非常に良いことも特徴です。ウェビナーの参加者は、情報収集だけでなく情報発信にも関心が強い場合が多いので、素晴らしいウェビナーを視聴した後は、感想や意見をSNSでフォロワーに共有する可能性があります。そうすると、企業側が集客をせずとも、ウェビナーの参加者が発信媒体となり、新たな顧客を呼び込んでくれる可能性があるのです。

ウェビナー開催に関するお問い合わせ・ご相談
わしづかみウェビナー メールマガジン登録はこちら

こんな記事もおすすめ

  1. 【在宅で起業副業】UECのEC運営サポートをご紹介!今話題のネットショップビジネスの人気の理由

  2. 【無料素材あり】バーチャル背景を使用してどこでもウェビナー開催【Zoom設定方法解説】

  3. 家計全体をワンストップでサポートする「あなたのファイナンシャルプランナー」FPrep株式会社

  4. 参加したいウェビナーがきっと見つかる!ウェビナーの探し方5選

  5. ネットからリアルまでワンストップ!合同会社E.C.Lの販路拡大サポート

  6. 【無料ツールCanvaで作成】ウェビナー告知画像を自作するには?【ノンデザイナーOK】

  1. オンラインウェビナーと対面セミナー【選択肢の比較とメリット】

  2. オンラインとオフラインが融合する仕事の未来【ウェビナーとコワー…

  3. 失敗知らずのウェビナーチーム戦術【効率的なオンラインイベント運…

  4. ウェビナー集客マスターへの道【成功するための6つのステップ】

  5. 【ウェビナーのプレゼンテーションスキル】魅了するトークを実現す…

ウェビナー開催サポート

ウェビナー開催・集客のご相談はこちら

ウェビナーの開催準備から集客まで何でもご相談ください!

オンラインでのセミナー開催が初めての方でも、まずはお気軽にお問い合わせください。経験豊富なスタッフが開催方法からネット上での集客まで支援させていただきます。
ウェビナーだけでなく、様々なコンテンツ作成・掲載経験から、サービス紹介とウェビナー開催のセットでの訴求などもお気軽にお問い合わせください。